はじめに

こんにちは。RAWファイルのバックアップを取り忘れて困った人です。

今メインで使っているMacのストレージ容量が少なく、USB接続の外付けHDDを使っています。

いちいち繋げるのも面倒で家にラズパイが転がっていたのでNAS化してみました。

やり方

必要なもの
Raspberry Pi x1
USB HDD x1

今回はOSにRaspbian GNU/Linux 10 (buster)を使用しました。

公開鍵認証とかしたいならSFTPサーバを構築するのもアリですが、家庭内LANでの利用なのでSambaで構築します。

さて、サクッと必要なパッケージをインストールします。 HDDのフォーマットがexFATなのでexfat-fuseとexfat-utilsも導入。

sudo apt install samba exfat-fuse exfat-utils

起動時に自動でHDDをマウントさせるように設定しましょう。 UUIDを調べます。

sudo blkid

fstabに記述。マウントポイントは/media/NASに設定します。

sudo vim /etc/fstab

以下を追記。(調べたUUID)は適宜置き換え。

UUID=(調べたUUID) /media/NAS exfat defaults 0 0

再起動して、ストレージがマウントされたことを確認できればOKです。

次に、Sambaの設定をしていきましょう。

sudo vim /etc/samba/smb.conf

今回は以下のように設定。

[global]
    min protocol = SMB2
    vfs objects = catia fruit streams_xattr
    fruit:aapl = yes
    fruit:metadata = netatalk
    fruit:model = Xserve # Finder用アイコン設定
    fruit:posix_rename = yes
    fruit:veto_appledouble = no
    fruit:wipe_intentionally_left_blank_rfork = yes
    fruit:delete_empty_adfiles = yes
    workgroup = WORKGROUP
    server string = NasPi
    dos charset = CP932 # Windows用に文字コード設定
    log level = 1 # 書き込み回数を減らす

[NAS]
    comment = Share
    path = /media/NAS
    guest ok = no
    public = yes
    read only = no
    browsable = yes
    force user = pi

Finder用のアイコンも設定できるっぽくて良いですね。複数台あっても区別つきそう。

fruit:modelの内容は/System/Library/CoreServices/CoreTypes.bundle/Contents/Info.plistに記載されているモデル名を利用できるようです。(参考)

設定を終えたら、smbdを再起動しましょう。

sudo systemctl restart smbd.service

LANに接続すると、FinderのサイドバーにNASが表示されるはずです。

もしくはFinderを開き⌘+Kを押して、smb://{{NASのホスト名}}に接続すると繋がるかと思います。

使ってみて

音楽とか写真とかを入れて再生してみたのですが、少しもたつきは感じますが便利です。

ノートPCに直接繋ぐケーブルを減らせるのはやっぱり良いですね。